クラスガイド

声が変われば、人格が変わる。ことばが変われば、品格が育つ。

あなたの声を研き、改善するための学びと実践の場。それが「磯貝メソッド 東京塾」です。
  • 他でのボイストレーニングに馴染めなかった方へ。
  • 声とことばのメカニズムを、精神論でなく論理的に身に付けたい方へ。
  • 歌をもっと楽しみたい方、歌発声で伸び悩んでいる方へ。
  • 声とことばをトレーニングする「場」を探している方へ。

学校では教えてくれなかった「声の正しい出し方」「ことばの正しい作り方」が学べます。
声とことばの問題を解決するためのボイストレーニングに近道はありません。
焦らず、じっくり取り組み、確実に成果が出るまでとことん付き合います。
2017年9月〜クラス編成表
クラス名 曜日と
時間帯
開催頻度 備考


A.基礎講座
Basic Class
声のLesson:水曜夜
Voice:Wednesday
水曜・夜
19:00〜21:00
毎週
声のLesson:土曜朝
Voice:Saturday
土曜・朝
10:00〜12:00
毎週
ことばのLesson
Language
土曜・朝
10:00〜12:00
毎週
コミュニケーションのLesson
Communication
木曜・夜
19:00〜21:00
毎週
B.表現講座
Expression Class
月1芸能表現
Entertainment:Monthly
日曜・昼
10:30〜15:30
月1回
 
S.歌 発声・歌唱法
Song Voice
木曜・朝
10:00〜12:00
毎週

カリキュラムPDFダウンロード [ことば系][歌系

基礎講座

日本では話し言葉音声の“スタンダード、これが正しい音をしっかり教える所”はあまりありません。そのため大人になり、様々な現場で「通じにくい」「聞き取りにくい」といった歪みが生じています。 この講座では「日本語音声の基礎」をキッチリと学びます。 どんな国の言葉にもあるルールや法則、どういう音、どういう声という基本の理論と技術のベースを学ぶ講座です。自分の声や言葉のクセ・歪みを直し、どこに出しても通用する声とことばの基盤整備をします。 正しく通じる話し方には、「その発声と、その言葉の発音」があります。良い発音には“良い姿勢”“豊かな呼吸”と、口から吐き出さない“良い響きの発声”を用意したいものです。

この3つ「呼吸」「声」「言葉」は常に関連しています。各々を丁寧に身に付けていきます。はじめての方は「あゝ、そういうことなのか!」と納得して下さい。すでに御存知の方は「三つの直し(呼吸直し、発声直し、言葉直し)」をして、各々の関連をじっくり身に付けて下さい。言葉の勉強、特に技術については一人でやってもうまくいきません。話す言葉の先には必ず相手がいます。普通の語学より、アクティブでオープンな世界です。

[A-1]声のLesson(水曜夜/土曜朝)毎週1回/4ヶ月単位

良い声、使える声、届く声、元気できれいな声になりたい人のクラスです。週に1度、4ヶ月コースです。「呼吸法」「発声法」「発音法」を連続でトレーニングします。まず体と声(喉)の仕組みを理解しながら具体的なレッスンをします。声が小さい、弱い、届かない原因は1に呼吸、2に喉です。嗄れ声、かすれ声は、身体のしまった人に多く現れます。もうひとつ言葉が聴き難い人には、発声と発音のリンクしたレッスンで改善していきます。自己流から本物へシフトし、出来るようにするLessonです。初日と最終日に“声とことばのチェック”を行い、4ヶ月の成果を見える形にします。


[A-2]ことばのLesson(土曜朝)毎週1回/4ヶ月単位

声のLessonの次は、ことば直しレッスンです。目的は「良く通じ聞きやすく、心地よく喋れる言葉づくり」です。プライベートのシーンでも社会現場などでも、喋りにくい人、うまく喋れない人、活舌・呂律回りの悪い人、アクセントに自信のない人達の言葉を良くするレッスンです。私達社会人の多くは「これが正しい日本語の音」というのを教わってきていません。だからといって弱気を起こさず元気を出し、みんなで楽しく声を出し「正しい日本語の音」を身に付けていきましょう。「言葉は舌なり」は世界の常識です。このLessonは「舌」のグレードを上げ良い言葉を掴まえていきます。社会人の皆さん五月の始めから、あなたの「言葉直し」をお勧めします。


[A-3]コミュニケーションのLesson(木曜夜)毎週1回/4ヶ月単位

“人前で話すのはどうも苦手”“質問にうまく答えられない”等々、人々とコミュニケーションをうまく取りにくい人が自信を持つLessonです。この人達はどこか自分を本音で認めていないところがあります。今よりもっと自分を実感することから始めましょう。思いや気持ちを自分の中に仕舞い込まずに、体に伝え声にしていくのです。鏡を使って元気な自分を引き出し、他人に伝えていきましょう。すぐにうまくなろうとしない方が良くなります。カリキュラムはしっかり組みますが、集まった人達に合わせ少しずつ変化させます。あまり欲張らずに「心」が喜ぶことをしていきましょう。人には共感する力がセットされています。コミュニケーションの基です。

表現講座

このクラスは、基礎講座で身に付けた発声技量をパフォーマンスに応用して表現技術の応用を学びます。

[B-1]月1芸能表現(日曜午前・午後)月1回/連続

今年は「古典文芸」を取り上げています。
まずは、日本が世界に誇る「源氏物語」です。原文のまま読み語って行きます。現代語訳を読むより「あー!日本人だなあ」と実感出来ます。印刷されたり、データ化された文を黙読するよりも、声を上げて読むと、言葉に命が吹き込まれ立体化します。立体化した音声は、聞く人と共有出来、なまの文芸を体験出来ます。

歌系クラス

[S-1]発声・歌唱法週1回/4ヶ月単位

週に一度のクラスです。4カ月単位でカリキュラムを組んでいます。

5〜8月期は「オペラアリア」の歌唱法を学びます。各自で選んだ曲を使い、歌唱ポイントを個人的にレッスンします。今まで4期連続で様々な「歌唱」を歌って来ました。今期は“声直し”を中心に、少し伸びのびと歌います。オペラアリアは芝居でいえば「セリフ」です。筋のそれ迄の事を元に“思い” “考え” “喜び” “悲しむ” 心のシーンです。誰かに訴えたり、神に願い祈ったりします。ヨーロッパオペラの心や感情の表現に、日本人の思いは“位置が低い”のでうまく行かない人を多く見かけます。上下に深い思いでなく、前後に奥行きのある深さが欲しいですね。また、顎の開け方(個人差が大)が大事です。全曲を通すより、問題点をしっかりと攻略し、楽器(御自身)のグレードを上げましょう。

参加お申し込み 無料体験お申し込み