クラスガイド

声が変われば、人格が変わる。ことばが変われば、品格が育つ。

あなたの声を研き、改善するための学びと実践の場。それが「磯貝メソッド 東京塾」です。
  • 他でのボイストレーニングに馴染めなかった方へ。
  • 声とことばのメカニズムを、精神論でなく論理的に身に付けたい方へ。
  • 歌をもっと楽しみたい方、歌発声で伸び悩んでいる方へ。
  • 声とことばをトレーニングする「場」を探している方へ。

学校では教えてくれなかった「声の正しい出し方」「ことばの正しい作り方」が学べます。
声とことばの問題を解決するためのボイストレーニングに近道はありません。
焦らず、じっくり取り組み、確実に成果が出るまでとことん付き合います。
2018年5〜9月 クラス編成表
クラス名 曜日と
時間帯
開催頻度 備考


A.基礎講座
Basic Class
声のLesson
Voice
水曜・夜
19:00〜21:00
隔週(偶数週)
ことばのLesson
Language
水曜・夜
19:00〜21:00
隔週(奇数週)
コミュニケーションのLesson
Communication
土曜・朝
9:30〜12:00
隔週(奇数週)
B.表現講座
Expression Class
日曜月一朗読
Reading:Monthly
日曜・昼
10:30〜15:30
月1回
C.メンテナンス
Maintenance Class
メンテナンス:木曜夜
Maintenance:Thursday
木曜・夜
19:00〜21:00
隔週 単回受講可能
メンテナンス:土曜朝
Maintenance:Saturday
土曜・朝
10:00〜12:00
隔週(偶数週)
 
S.歌 発声・歌唱法
Song Voice
木曜・朝
10:00〜12:00
毎週
美しい日本語の歌
Japanese Song
土曜・昼
14:00〜16:30
隔週(奇数週) 単回受講可能
 
X.ことば・歌 共通 聴き方・耳トレ
Listening
土曜・夕
17:00〜19:00
隔週(奇数週) 単回受講可能
カリキュラムの詳細はこちら

基礎講座

日本では話し言葉音声の“スタンダード、これが正しい音をしっかり教える所”はあまりありません。そのため大人になり、様々な現場で「通じにくい」「聞き取りにくい」といった歪みが生じています。 この講座では「日本語音声の基礎」をキッチリと学びます。 どんな国の言葉にもあるルールや法則、どういう音、どういう声という基本の理論と技術のベースを学ぶ講座です。自分の声や言葉のクセ・歪みを直し、どこに出しても通用する声とことばの基盤整備をします。 正しく通じる話し方には、「その発声と、その言葉の発音」があります。良い発音には“良い姿勢”“豊かな呼吸”と、口から吐き出さない“良い響きの発声”を用意したいものです。

この3つ「呼吸」「声」「言葉」は常に関連しています。各々を丁寧に身に付けていきます。はじめての方は「あゝ、そういうことなのか!」と納得して下さい。すでに御存知の方は「三つの直し(呼吸直し、発声直し、言葉直し)」をして、各々の関連をじっくり身に付けて下さい。言葉の勉強、特に技術については一人でやってもうまくいきません。話す言葉の先には必ず相手がいます。普通の語学より、アクティブでオープンな世界です。

[A-1]声のLesson(水曜夜)隔週(偶数週)/5ヶ月単位

良い声、使える声、届く声、元気できれいな声になりたい人のクラスです。「呼吸法」「発声法」「発音法」を連続でトレーニングします。まず体と声(喉)の仕組みを理解しながら具体的なレッスンをします。声が小さい、弱い、届かない原因は1に呼吸、2に喉です。嗄れ声、かすれ声は、身体のしまった人に多く現れます。もうひとつ言葉が聴き難い人には、発声と発音のリンクしたレッスンで改善していきます。自己流から本物へシフトし、出来るようにするLessonです。


[A-2]ことばのLesson(水曜夜)隔週(奇数週)/5ヶ月単位

声のLessonの次は、ことば直しレッスンです。目的は「良く通じ聞きやすく、心地よく喋れる言葉づくり」です。プライベートのシーンでも社会現場などでも、喋りにくい人、うまく喋れない人、活舌・呂律回りの悪い人、アクセントに自信のない人達の言葉を良くするレッスンです。私達社会人の多くは「これが正しい日本語の音」というのを教わってきていません。だからといって弱気を起こさず元気を出し、みんなで楽しく声を出し「正しい日本語の音」を身に付けていきましょう。「言葉は舌なり」は世界の常識です。このLessonは「舌」のグレードを上げ良い言葉を掴まえていきます。あなたの「言葉直し」をお勧めします。


[A-3]コミュニケーションのLesson(土曜朝)隔週(奇数週)/5ヶ月単位

“人前で話すのはどうも苦手”“質問にうまく答えられない”等々、人々とコミュニケーションをうまく取りにくい人が自信を持つLessonです。この人達はどこか自分を本音で認めていないところがあります。今よりもっと自分を実感することから始めましょう。思いや気持ちを自分の中に仕舞い込まずに、体に伝え声にしていくのです。鏡を使って元気な自分を引き出し、他人に伝えていきましょう。すぐにうまくなろうとしない方が良くなります。カリキュラムはしっかり組みますが、集まった人達に合わせ少しずつ変化させます。あまり欲張らずに「心」が喜ぶことをしていきましょう。人には共感する力がセットされています。コミュニケーションの基です。

表現講座

このクラスは、基礎講座で身に付けた発声技量をパフォーマンスに応用して表現技術の応用を学びます。

[B-1]日曜月一朗読(日曜午前・午後)月1回/5回連続

「徒然草」(鎌倉期随筆文学。吉田兼好作)より

テキストは、中野孝次著『すらすら読める徒然草』(講談社、2004年)を使います。
「つれづれなるままに…」に始まり、前後二巻243段の随筆集で、中学・高校の教科書で取り上げられ馴染みの深い作品です。枕草子(清少納言作)と並ぶ随筆文学の傑作。中野版は現代人が読み易い様に12項に分けてあります。量が多く5回で読み上げるのは難しいですが、各回ピックアップして読み進めます。聴く人が分かる様に声を出して読み上げます。始めは少し手古摺るかもしれませんが、以前読んだ源氏物語より読み易いと思います。東京オリンピックが近づき、外国人が日本の古典に大きく興味を抱いているそうです。磯貝メソッドの古典朗読は定評があります。聞いて分かる朗読です。各回しっかり時間をかけて読んでいきます。最終回(9月)は発表します。「徒然草」は7月、10月の公演にて上演する予定です。

メンテナンス

[C-1]声とことばのメンテナンス(個人改善・診断から改善へ)(木曜夜/土曜朝)隔週

1回~必要回数参加可(不都合レベルによる)

いま、あなたが現場で抱えている“声”と“ことば”の不都合や困っている事をメンテナンスし改善します。改善の流れは以下のとおりです。

① 事前に自己申告② 面談で精査③ メンテナンス方法決定④ コーチによる指導⑤ 改善状態チェック → 終了

・声とことばはリンクしているため不都合の原因も複雑です。その上心が絡むので、本人では分かりにくいのです。本メンテナンスでは、今の原因を見つけ出し、分って頂いたうえで改善をします。
・声やことばは話し手と聞き手の間に誤差があるものです。気持ちがあったらうまく伝わるものでもありません。どこに問題があるのかを知るのが、メンテナンスの始まりです。
・話し手の目的は、自分の伝えたい内容とその心が聞く人に真直ぐに伝わる事で、どちらかと言えば聞く人の満足度が重要です。

メンテナンスのコースの内容は、大きく分けて次のようになります。ご自分の実情に合わせてお選びのうえ、ご申告ください。
①身体と呼吸と支え
②発声(鳴りと響き、声作り、トラブル直し、他)
③言葉の音、発音と調音、アクセント、他
④話し方、コミュニケーション方法、伝え方、話し方、他
⑤表現(台本、台詞、朗読、スピーチ、他)

◆日 程:
◇土曜朝:10:00~12:00
5月12日、26日、6月9日(※1)、23日、7月14日、28日(※2)、8月11日、25日、9月8日(※3)、22日

◇木曜夜:19:00~21:00
5月17日、31日、6月14日(※1)、28日、7月5日、19日(※2)、8月2日、16日、9月13日(※3)、27日

※1~3:参加者全員指定テーマをメンテナンスします。
※1:共通テーマ「舌使い、口腔さばき」
※2:共通テーマ「発声直し」
※3:共通テーマ「発音・発語直し」
※上記以外:個人テーマをメンテナンスします

◆会 場:東京 代々木(詳細は参加証に記載します)
◆定 員:個人テーマ各回8名、共通テーマ各回12名(先着順)
◆参加費:1回5,000円(シリーズオープニング価格)
◆講 師:磯貝靖洋、磯貝メソッド講師陣

歌系クラス

[S-1]発声・歌唱法【中級〜】(木曜朝)6月〜週1回/5ヶ月単位

このクラスは日本語の歌を歌うクラスです。 普段何気なく歌っている歌の中に、更に美しさを発見し歌い上げて行きます。 日本語は母音言葉のため、楽器を整え息を通しうまく響かせると、素晴らしく澄んだ音となり心に沁み込んできます。 歌う人達があまり得意としない、日本語の音声の基礎(口の形、舌使い、言葉捌きや発音を高める方法)を丁寧に学び、その結果、言葉が聞き易く、日本語独自の意味が美しく響きます。

「ねむの花」「ちびつぐみ」「ふるさとは」等5曲の歌唱を通して個人の発声、発音を改善し、曲の面白さ、美しさを学び、最終日には発表します。

[S-2]美しい日本語のうた【初心者、入門者から歌好きな方】(土曜昼)隔週/5ヶ月単位

沢山歌いたい人達ならどなたでも参加出来ます。元気に明るく声を出します。譜面が読めないけど…という方もOKです。一緒に歌えば怖くありません。

日本には良い歌がたくさんあります。皆さんが知っている昔から歌い継がれた楽しく美しい歌遺産を全10回で30曲以上歌って行きます。

1回だけの参加でもOKです。でも、たくさん参加して歌って下さい。
歌うと楽しくなり、声を出すと元気になります。知らない人とも仲良くなります。

曲目: この道、浜辺の歌、夏は来ぬ、故郷、おぼろ月夜、赤とんぼ、夏の思い出、花の街、里の秋、かごめかごめ、通りゃんせ、ぞうさん、七つの子、月の砂漠、青い目の人形 他(約30曲)

ことば・歌 共通

[X-1]聴き方・耳トレ【耳・聴く事に興味のある方、社会人、学生、音楽家】(土曜夕)隔週/5ヶ月単位

人は聴き覚えた音しか発する事が出来ません。汚い音やうるさい声ばかり聞いていると、汚い声しか出せなくなります。辛い生活です。

良い声、良い音とは良い響きのある声・音です。良い声は良い音を受ける(聞く)事から始まります。発する事に夢中になると良い音を忘れ、心も身体も力み固くなり、自己本位に陥り美しさを忘れます。

耳は一日中働き続けます。夜も寝ずに私を守っています。耳は音を聞くだけにあるのではありません。身体や物事の位置も教えてくれますし、心の安らかさも捉えてくれます。耳の仕組や働きを知り、聴く力、受ける力を研き、増やすトレーニングをしましょう。音と耳と心を大切にするトレーニングです。外の音の聴き方から自身の心の中を聴く所まで出来ると素晴らしいですね。 “発する事”は“受ける事”の同義語です。

参加お申し込み 無料体験お申し込み